長崎の引っ越しなら「地域密着型引っ越し業者」でお得に引っ越し!!

長崎で引っ越しする際に、引っ越し業者選びで迷っていませんか?ここでは、引っ越しの基礎知識と共に、長崎で引っ越しする際に地域密着型引っ越し業者がお勧めの理由をお届けします。

引っ越しシーズンの繁忙期・閑散期の基礎知識

長崎の引っ越し
【繁忙期と閑散期の目安】
引っ越しシーズンには、繁忙期と閑散期の時期があります。特に、繁忙期の中でもフルに忙しい時期が3月、4月になります。この時期と言うのは、一般的に転勤、就職、進学等、これから新生活を迎える人が多い時期なので引っ越しする件数も多くなっており、値引きする事はあまり期待できない時期でもあります。一方、引っ越しシーズンにも閑散期もあり、特に1月、6月、11月、12月等の時期は引っ越し件数が少ない閑散期なっています。こう言った閑散期には、引っ越し値引き交渉もしやすく安く引っ越しする事ができる時期と言えます。
【繁忙期と閑散期の引っ越し費用の変動】
引っ越し業者は、家具・家財道具を転居先に運ぶ仕事を行いますが、依頼者のニーズに応える事のできる人員確保を用意する必要があります。なので、繁忙期・閑散期に限らず引っ越し業者では、一定のスタッフを自社で抱えているのが基本です。しかし、そうなってくると、繁忙期にはスタッフが足りない程になる場合もありますが、逆に、閑散期には引っ越しの需要が減るので、どうしてもスタッフに余りが生じます。
引っ越し業者としては、引っ越し件数が少ない閑散期には、会社の利益があまり上がらない時期なので、少しでも仕事を受注して利益を出しています。なので、閑散期には引っ越し料金の値段交渉がしやすい状態になっています。反対に、引っ越しシーズンのピークである繁忙期は、逆にスタッフが不足してくる為、引っ越し料金の値下げは難しくなるのです。特に、引っ越し業者のスケジュールがぎっしり詰まっている場合は、通常時期よりも更に2倍程度割り増しされた料金が平均的な相場価格となる事を覚えておきましょう。

引っ越し費用の相場価格とは?

引っ越し費用の主な内訳には、4つの料金が掛かってきます。まず、一つ目は人件費です。この人件費は、スタッフ人数によって価格が変わってきます。二つ目は、トラック代です。引っ越しする際の荷物量によってトラックの大きさが変わってきますが、それに比例して価格も一緒に変わります。三つ目は、材料代です。材料代とはダンボール、ガムテープ、その他梱包材等、荷造りに必要な材料費です。四つ目は、ガソリン代です。引っ越し先までの距離が長くなれば、その分車のガソリン代も割り増しになります。
このように、これら4つの費用が合算されたものが、引越料金として見積もりされています。なので、同じ引っ越しを行う場合でも、各引っ越し業者によってスタッフの数、仕事内容、使用するトラックの大きさ、梱包材等の量、引っ越しの距離等によって、引っ越し費用は異なります。

平均的な引っ越し費用相場…

[単身世帯の引っ越し]
大体2万円~7万円程度が相場となっています。

[夫婦二人世帯の引っ越し]
大体3万円~8万円程度が相場となっています。単身世帯の引っ越し価格とあまり価格に差が無い理由は、二人世帯では荷物量もそこまで大幅に変わると言う訳では無いからです。

[夫婦・子二人程度の引っ越し]
大体5万円~12万円程度が相場となっています。
いずれの引っ越しも、引っ越しシーズンの繁忙期には、この価格よりも二倍位の見積もり金額になる場合があります。

長崎で引っ越しする方法・手段

長崎の引っ越し

長崎で引っ越しを行う際、その方法には幾つかの引っ越し方法があります。ここでは、代表的な引っ越し方法についてご紹介します。様々な引っ越し方法を知って、引っ越しする際に役立てましょう。

【自分で引っ越しする】
業者を利用せずに自分で引越する方法です。例えば、家から近場の所に引っ越しする、単身者で荷物量が少ない等、そう言った場合には自分で引っ越し作業を行う事で、引っ越し費用最小に抑えて引っ越しを行う事が可能です。しかし、引越に関する手続き、実際の荷物移動等、一通りの作業を自分一人で行う事になるので時間や手間を要します。
【単身パックサービス】
宅配業者等でよく提供されている、荷物を混載して運搬する事が可能なサービスです。このサービスでは、一定の容量に荷物を収める事ができれば、規定の料金で費用を安く抑えて運搬する事ができます。なので、荷物が少ない引っ越し者であれば、専門業者に単身パックサービスで家具移動も行ってもらう事ができます。
【軽貨物引越業者】
地域で軽貨物配達等を個人・法人が行っている引越サービスです。軽貨物引越業者では、主に近隣の引っ越しサービスしか受け付けていない事が多いですが、安く引っ越しを済ませる事ができます。しかし、価格を安く抑えられる分、スタッフ人数が少ないので家具搬出を一緒に手伝う必要があるのもこのタイプの特徴です。
【引っ越し専門業者】
その名の通り、引っ越しを専門に行っている業者になります。やはり、専門的に行っている業者になるので、引っ越しに関する仕事のクオリティは一番高く安心できます。引っ越し専門業者では、荷造りの梱包に必要なダンボールの無料サービスや、専門道具を使用した安全な引っ越し作業、家具や建物の養生等、引っ越しに関するサービスや配慮がしっかりしています。コスト面では一番高くなりますが、同じ引っ越し業者でもお得に引っ越しできるサービス内容が豊富であったり、引っ越し価格が安い地域密着型の引っ越し業者があったり、メリットも多いのが専門業者の良さです。

長崎エリアの引っ越しに有効的な地域密着型引っ越し業者

長崎の引っ越し

長崎から長距離の引っ越しをする場合であれば、大手引越し業者に依頼した方が引っ越し費用を安く抑える事ができる場合が多かったりしますが、長崎エリアでの近距離の引越しならば、地域密着型引っ越し業者を活用する方がお得である事を知っていましたか?では、実際にどのような点がお得であるか見ていきましょう。

【情報共有が行き届いている】
大手引越し業者では、営業担当者と現場スタッフのコミュニケーションに関しては、書類のみでやり取りされていると言うケースはよくあります。しかし、地域密着型引っ越し業者の場合は、スタッフ人数が大手に比べて少ない分、引っ越しに関する様々な情報共有がスムーズに行われます。なので、しっかりスタッフ同士が仕事内容に関して把握できている点は良い所です。
また、地域密着型の業者は、現場スタッフのリーダーが依頼者の見積もりを行う等、営業担当と兼任して仕事を行っている場合が多いです。なので、引っ越しに関する一連の仕事を一人の担当者が責任を持って遂行してくれるので、引っ越しに関して不安要素が無かったり、突然生じたアクシデント等にも迅速対応してくれたり、安心して任せる事ができます。
【経験豊富なスタッフの充実】
地域密着型引っ越し業者と言うのは、引っ越し年間に実績が少ない大手に比べて、小規模であっても在籍しているスタッフ一人一人は、仕事の経験が豊富な人が多く在籍しているのが特徴として挙げられます。なので、大手のスタッフよりも機転が利いたり、引っ越しに関しての知識が豊富だったり、充実したスタッフが揃っています。また、大手業者のようにスタッフの教育制度を設けている所は少ないですが、大手の新人に比べて場数を豊富に踏む事ができる環境で仕事を行っているので、短期間でも優秀なスタッフが多い事も特徴です。
【引っ越し費用が安い】
地域密着型引っ越し業者の良さは、引っ越し費用のコスト面でも安さと柔軟性があります。大手の引っ越し業者は広告宣伝料等の経費が掛かっている為、どうしても引っ越し費用が高くなりますが、地域密着型は広告宣伝料が掛かっていない為、初めから引っ越し料金設定を低く設ける事ができています。引っ越しのプランやコースに関しても、大手のように固定されていないので、価格交渉もしやすい特徴が挙げられます。
【引越し先の状況に精通している】
地域に根付いた業者であるので、引っ越し先の周辺環境や道路事情、マンションごとに存在する決まり等、色々街の様々な事情にも詳しく引越し先の状況に精通しています。引っ越し移動に関しても渋滞回避ルートを把握している等、地元業者ならではの強みもあり、円滑な引っ越しを行う事ができます。